*airico*のコンセプト

写真撮影からデザイン、ウェブ作成まで一貫して承ります。丸投げスタイル大歓迎です。全てお任せください。女性が作る柔らかフォト、デザインサービスです。

最新情報

初心者カメラ講座

札幌を拠点とし、ロケーションフォト撮影、ペット撮影の女子カメラマン
Webデザイナー、フリーデザイナーの、りこです。(@airico8787)

カメラの質問が多いので

こんにちは。リコです。

最近、度々カメラ本体の設定についての質問や、カメラ撮影すると、うまく撮影できない相談、暗くなってしまう、白くなってしまう…というご相談や質問が凄く多いです。

質問していただけるということは、私は聞きやすい存在ということで、嬉しく思いますよ〜。そして、カメラに興味を持っていただけることもとても嬉しいです。

カメラの親切機能が迷惑機能になってしまうことがある

デジタルカメラになって、気軽に写真撮影ができるようになりました。失敗しても、消去するだけでいいし、撮り直しもなんどだってできます。フィルム時代はそうはいかなかったので、徹底的に撮影前から狂いのない設定が必要でしたから。

実はここに落とし穴があります。

フィルムカメラは、全ての設定を手動で行わなければならなかったのですが、デジタルカメラは素人でもキレイな撮影ができるようになった分、カメラ側で自動に認識して、自動で映像化してくれる、わかりやすくいうならば、AIのような機能がついているのです。

これが実に厄介。

例えば、トンネルの中から、出口の外を撮影したとすると、カメラは自動的に、外の真っ白い光を標準の明るさと認識し映像化するため、トンネル内は元々光の量が少ない環境なので、真っ黒に写ってしまうのです。逆もありで、トンネル内の光を標準の明るさと認識してしまうと、出口の外は、真っ白に写ってしまうわけです。

これが、親切厄介な機能ということになります。

そこで必要なのがカメラ本体の設定

その場の明るさ、光の量、撮影する被写体によって、設定方法は変わります。具体的な設定はその時々で違うので、少しずつ慣れていくことになるのですが、1番良い方法は実践しながら覚えていく方法だと思います。

初心者カメラ講座やります‼︎

講座詳細は以下となります。

一眼レフ・ミラーレス・スマホ、カメラは何でもOKです。

マンツーマンで個人レッスンスタイルなので、わからないところをわからないままにせず、徹底的に学べます。

レッスンの時間は90分、お申し込み者の撮りたい被写体で実践型のレッスンとなります。

レッスンの場所は、札幌市内
レッスン料は、モニター価格1000円